建物の工法を学ぶ

構造・工法の種類

家づくりには、大きく分けて5種類の工法があります。それぞれに特徴がありますので、施工例や施工現場などを見せてもらって、どれが自分に合いそうか見定めてください。

  • 木造在来工法
  • 木造2×4工法
  • 木造金物工法
  • 鉄骨工法
  • RC(鉄筋コンクリート)工法

↑ページの先頭へ

1.木造在来工法

仕組み
仕組み柱の上に梁をのせて構造体を作る、古くから伝わる建築工法です。「軸組工法」ともいいます。
メリット
比較的大きな窓などの開口部をとったり、個性的なプランを実現したりと、設計自由度もあります。
デメリット
手作りに近い方法で作られるため、熟練した技術が必要です。大工さんによって仕上がりが左右されるため、信頼できる大工さんや工務店を選ぶことが重要です。
工期の目安
90~150日

↑ページの先頭へ

2.木造2×4工法

仕組み
在来工法が柱と梁の「軸・線」で組み立てるのに対して、2×4は壁の「面」で組み立てます。「枠組み壁工法」ともいいます。
メリット
壁、床、天井の「面」で構成されるため、耐震性に優れています。柱を必要としないため、部屋が広く感じられたりといった点もあります。工場生産された部材を使い、マニュアルに従って施工されるため、業者による品質の差が出にくい点も安心。
デメリット
壁で支える構造であるため、設計自由度が低いのが難点。間取りに制約を受ける場合もあります。
工期の目安
80~120日

↑ページの先頭へ

3.木造金物工法

仕組み
在来軸組工法の弱点を補強し、利点を伸ばすためにボルトや金物を併用して構造の強度を高める工法。「SE構法」、「ハイパーフレーム構造」、「GMシステム工法」など、メーカーによりさまざまなシステムや名称があります。
メリット
地震や火災などに対して高い防災性を確保しながら、自由な設計、大きな開口部などが実現でき、注文住宅に適した工法であるといえます。部材は工場生産され、マニュアルに基づいて施工されるため、業者による品質の差が出にくいことも安心。
デメリット
在来工法に比べ、材料コストがやや高くなる点が弱点。
工期の目安
80~120日

↑ページの先頭へ

4.鉄骨工法

仕組み
木造在来工法の柱や梁などを軽量鉄骨に置き換えた「軽量鉄骨軸組工法」と、重量鉄骨の柱と梁を接合したフレームで構造をつくる「重量鉄骨ラーメン工法」「パネルユニット工法」に分かれます。「軽量鉄骨工法」は柱と梁を溶接ボルト締めにして強度を持たせています。「重量鉄骨工法」は中高層建築の手法を取り入れたもので、太い鉄骨を使い、鉄骨の接合だけで構造強度を維持できる工法で、3階建てによく採用されています。
メリット
木造に比べ、柱の間隔を広くすることが可能で、大きな空間がつくれます。加工しやすいという鉄の特性を生かして、ドーム型の屋根などの複雑な形状に対応しやすいのも利点です。
デメリット
軽量鉄骨の場合、サビによって10年ほどで厚さが半分になってしまうといわれています。また、鉄の性質上、火災時に木造より早く崩落する可能性が指摘されています。しっかりした防さび、耐火対策をとれる、信頼できる業者を選びたいですね。
工期の目安
30~210日

↑ページの先頭へ

5.RC(鉄筋コンクリート)工法

仕組み
横揺れに強い鉄筋と圧縮に強いコンクリートを組み合わせた、最も耐久性のある、非常に強い強度を発揮する構造です。
メリット
耐久性、耐火性、断熱性に優れ、強度も非常に強い、構造体としては非常に優れた工法です。
デメリット
他工法に比べかなり重量が大きくなるため、敷地条件によっては大規模な基礎工事が不可欠となり大きくコストアップする場合が。狭小地、変形地では、工事自体不可能な場合も。また素材の特性上、結露しやすいため、適切な断熱施工を行う必要があります。
工期の目安
90~270日

↑ページの先頭へ