注文住宅の依頼先

注文住宅、3つの依頼先

家づくりの依頼先は、工務店、ハウスメーカー、設計事務所の3つに大きく分けられます。それぞれに特徴があり、得意不得意、メリット(とらえ方によってはデメリットにもなる)がありますので、どこが一番自分に相性がいいのか、望んでいるプランをかたちにしてくれるのかを見極めることが大切です。

工務店 設計事務所 ハウスメーカー
特徴 身近で、細かな希望にも応えてもらえる。設計・施工を一貫して行っている場合には、建主のプランに対してライフスタイルに沿った適切なアドバイスも期待できる。 オリジナリティ重視なら最適。敷地条件が厳しい狭小地や変形地にもフレキシブルな発想で対応してくれる。豪邸しか設計してくれないのでは?という心配は無用です。 数多くのメーカーの、多彩なスタイル、プランの中から自分たちに合うものを選ぶ楽しさがあります。ただし、土地などの条件やこだわりのポイントによっては対応不能な場合も。
依頼方法 チラシ、雑誌、インターネットなどで情報を集め、気軽に連絡してみましょう。施工例を見て、建て方やデザインをチェック!企画や設計について相談できる設計士がいる工務店がおすすめです。 知人のつてのほか、住宅雑誌やインターネットなどで情報を集めましょう。気になる建築家が見つかったら怖がらずにメールや電話で、予算やどんな家にしたいかをざっくり伝えましょう。 メーカーにより工法やデザインが違うので、カタログやモデルルームでお気に入りを見つけましょう。営業マンは調子のいい人が多いですが、相性の合う担当者を探しましょう。
設計者 工務店所属の建築士、または提携・外注先の設計事務所 建主が選んだ設計事務所の建築士 メーカー所属の建築士、または外注先の設計事務所
設計の特徴 建主の要求、敷地形状、環境などに十分に対応した設計をしてくれる。自由度が高い。 建主の要求、敷地形状、環境などに十分に対応した設計をしてくれる。最も自由度が高い。 メーカーの規格の範囲内での設計。自由度は低い。メーカーの規格からはずれるとどんどん工事費が高くなってしまう。
設計料 工事費に含まれることが多い 一般的には工事費の1割前後 工事費に含まれる
建築コスト 様々な経費をカットできる分コストを抑えられる。安く仕入れられる部材を使えば、工務店ならではのローコスト化も可能。 建築家により得意のグレードは異なるが、概して予算内の最良プランを提案してくれる。低予算の場合はコストを下げる工夫をしてくれる。 いかに標準仕様で抑えるかがコストを抑えるポイント。オプションプラスでコストもプラス。CMなどの宣伝費やモデルルーム維持費も建築コストにプラス。
構造・工法 施主の希望や条件を総合的に判断して構造を選択。工務店により得意な構造・工法が異なる。 施主の希望や条件を総合的に判断して構造・工法を選択。 メーカーが採用している構造・工法。メーカー、ブランドにより採用している構造・工法が異なる。
施工・監理 工務店が施工管理・設計監理を行う。 施工業者は建主が契約。施工業者が施工管理を行う。設計事務所は施工業者選定アドバイスと設計監理を行う。 メーカーの施工部門=実際は主に地元の請け負い工務店が、施工管理を行う。
アフター
サービス
工務店よってはシステムが整っていない場合もありますが、問題時には地元の強み(弱み?)でスムーズに対応してもらえることも。契約前に確認しましょう。 構造については施工業者が保証をするのが一般的。メンテナンスしてくれる業者の連絡先など、しっかり確認しておきましょう。 メーカによりシステムが異なるため、契約前に確認しましょう。

↑ページの先頭へ

注文住宅の選定方法

工務店、設計事務所、ハウスメーカーと依頼先はたくさんあります。
どこもデザインや耐震性について自信をもっていて住宅建材の仕様や
値段など話しを聞きに行けば行くほど決められなくなってしまいます。

そんな時は自分や家族が住みたい家とはどんな家なのかを途中で振り返って
箇条書きに書き出してみます。
それを元に各社の特徴と照らし合わせてみると答えが出てくると思います。

マンションの耐震偽装事件など、わからいことが多く不安ですが、不安ばかりで
疑心暗鬼になってしまっては、せっかくの楽しい家づくりが台無しです。

家づくりに真剣に取り組み、お客様の不安を払拭できるような仕組みつくりを
行っているような会社と一生に一度の家づくりを楽しみましょう!

↑ページの先頭へ