家の引き渡し

↑ページの先頭へ

住宅の引き渡し

完了検査、施主検査が終われば、いよいよ引き渡しです。建物の保証書や設備機器の取り扱い説明書などを受け取り、内容を確認します。

そして、建物の表示登記や保存登記、抵当権設定登記などを行います。

ここに至るまでに、紆余曲折、長い道のりがあることでしょう。しかし、住む者にとっては、ここが出発点です。ここから、あなたがイメージした暮らしがはじまるのです。

家をイメージして、設計し、建てる。それに費やした時間より遥かに長い長い時間を、その場所で過ごすことになります。イメージすることに煮詰まっても、設計がなかなか想い通りにいかなくても、あきらめたり、投げやりになったりせずに、どうか根気よく、ゆっくりと家づくりを楽しんでください。その家で、自分らしい暮らしを楽しむために。

↑ページの先頭へ