建築検査

↑ページの先頭へ

欠陥のない住宅であることの証明

欠陥のない住宅であることを証明し、住宅の資産価値を高めるためにも、第3者機関による検査を受けられることをおすすめします。

いくら信用できる施工業者でも、万が一のまちがいはあるかもしれません。建ててしまってからでは原因を探すにも、補修するにも、一層大変な事態に陥ります。

そうならないために、設計段階、施工段階でキッチリと専門の評価機関による第3者検査を行い、性能を確かめて、安心して暮らしましょう。

↑ページの先頭へ