家の設計をする

↑ページの先頭へ

家の設計を誰に依頼する?

ここまでのステップでは、自由に、理想の家のイメージづくりをしてきましたが、ここからはぐっと現実的に、希望の事項に優先順位をつけて、あきらめざるを得ないものはあきらめてバランスをとりながら、予算内に収める努力をします。

これがなかなかつらい作業で、予算額が大きい小さいにかかわらず、全体の計画のバランスを保つために、実現しきれないことも出てきてしまうのです。

さて、設計にあたって大きなポイントとなるのが、誰に設計してもらうか、ということです。設計と言えば、まず設計士、建築家、設計事務所が思い浮かびますが、工務店にだって設計士はいますし(いないところもある)、もちろんハウスメーカーにも設計士はいます。

注文住宅を建てる時の主な依頼先は、設計事務所、工務店、ハウスメーカーの3つですが、このうち、どこの誰に設計と施工を依頼するかは、出来上がりの満足度を大きく左右することになります。

求める家のイメージへの、依頼先(候補)の対応力や相性によって、依頼先を決定することになります。むろん、求めるイメージを最大限実現してくれるところがいいのは言うまでもありませんが、安心して任せられる相手なのか、しっかりと作ってくれるのか、出来たあとの対応も安心できるのか・・・頼む側は不安がいっぱいです。

となると、誰でも聞いたことのあるハウスメーカーに頼もうか?ということになるのかも知れませんが、それはそれで、プランニングに制約がある場合も多々あります。

事業者によって、人によって得意、不得意はありますが、設計事務所、工務店、ハウスメーカーは、一般的に次のような傾向があるとされています。


設計事務所
オリジナリティ重視なら最適。敷地条件が厳しい狭小地や変形地にもフレキシブルな発想で対応してくれる。豪邸しか設計してくれないのでは?という心配は無用です。
工務店
身近で、細かな希望にも応えてもらえる。設計・施工を一貫して行っている場合には、建主のプランに対してライフスタイルに沿った適切なアドバイスも期待できます。
ハウスメーカー
数多くのメーカーの、多彩なスタイル、プランの中から自分たちに合うものを選ぶ楽しさがあります。ただし、土地などの条件やこだわりのポイントによっては対応不能な場合も。

詳しくは、「注文住宅の依頼先」をご覧ください。


このような点を考慮に入れながら、また、集めた資料や見学会の現場などを参考に、ハウスメーカーや工務店、設計事務所などから2,3社を選んで、予算・希望を伝えて基本設計と概算見積もりを出してもらって、比較、検討します。

自分のイメージが形になる、家づくりのなかでも、大変楽しみな過程のひとつです。

↑ページの先頭へ