情報収集

↑ページの先頭へ

情報収集

家や暮らし方の大まかなイメージができたら、つぎはイメージに合うような好みのデザインや仕様を探しましょう。

本や雑誌、インターネットをはじめ、ハウスメーカーのカタログなども参考になるでしょう。住宅展示場やショールームなどに行ってみたり、セミナーや構造見学会、完成見学会などに足を運び、できるだけ多くのメーカーや工務店の家づくりの現場をご覧になることをおすすめします。

身近なところでは、近隣や通勤、お買い物の道すがらに、お気に入りのお家や新築現場を見つけるのもいいかもしれません。が、前方不注意で事故に遭ったり、不審者と間違われないように気をつけてください。

(構造見学会など、まさに進行中の施工現場では、施工業者それぞれの特徴が、よりはっきりと現れるため、業者選択のためにもなるべく多く見ましょう。この件の詳しくは、「施工業者を選ぶ」をご覧ください。)

家のポイントとしたい点や重視する点が反映されたデザインや仕様の家が、きっといくつか見つかるでしょう。あまりにも情報が多すぎて、あれもいい、これもいい、と、迷ってしまうかもしれませんが、そんな時はもう一度、家づくりのイメージつくりチェックをしてみてください。

建築家の著作を読んでみることも、家に対する考え方を広げる参考になるかもしれません。自分のイメージに合うデザインや仕様がみつかったら、そのつぎはいよいよ設計に入っていきます。

情報収集の段階で、「この建築家さんに頼みたい」という建築家が見つかれば、直接、メールなどで連絡してみるのもいいかもしれません。ただし、資金計画などは、事前にしっかりたてておいた方がいいでしょう。

さまざまな住宅雑誌や本、インターネットサイトがありますが、ここではその一部をご紹介させていただきます。


↑ページの先頭へ