イメージの作り方

↑ページの先頭へ

イメージの作り方

家のイメージをつくっていくときに、いくつかのポイントについて、重視したいか?それほどでもないか?と考えていくと、イメージしやすいかもしれません。「住みここち心理テスト」に示される指標にそって考えていくことも良いでしょう。

家のイメージをかたちづくるためのポイント例

安全と安心
事故、災害、犯罪や健康について、どのように考えていますか?
癒し
我家ではゆっくり休息をとりたい、くつろぎたいなど、住まいに癒しを求めますか?
家族円満
家族が円満に一体感をもって生活することを大切だと考えていますか?
プライベート
自由で気ままに、干渉されずに暮らしたいですか?
おつき合い
友達、近所の人、親戚など周囲の人との交流を大切にしたいですか?
ナチュラル
日常生活で身近な自然を楽しみながら暮らしたいですか?
環境配慮
省エネ・省資源、リサイクルを始め、環境問題に配慮した暮らしをしたいですか?
利便と品質
居住生活に利便性・機能性の高さとグレードの高さを求めますか?
手づくり
インテリアをはじめとした居住空間について、自分で創意工夫しながら積極的に手を入れて暮らしたいですか?
自己実現
住まい生活に対して、仕事や趣味を通じた自分の目標達成を求めますか?

このような点について、どのように考えているかを○△×などでチェックしてみると、家について漠然と持っているイメージをある程度カタチにすることができます。ご家族で試してみてください。

→「住みここち心理テスト」のサイトへ

●外観デザインや工法、設備など、より具体的なポイントについては、

ステップ3「家の設計をする」で見ていきます。

↑ページの先頭へ