注文住宅を建てるには

↑ページの先頭へ

注文住宅を建てるまでの流れ

注文住宅を建てるまでの流れ

注文住宅を建てるまでには、おおきく分けて7段階あります。

  • 注文住宅で建てたい家をイメージする

    どんな家を求めているのか、どんな暮らしがしたいのかをまとめていき、注文住宅で建てたい家のイメージをつくっていきます。

  • 注文住宅についての情報収集、資金計画、土地チェック

    建てたい家のイメージを明確にするための情報収集、設計・施工業者を選ぶための情報収集と平行して、土地の条件の把握や、資金計画を行います。

  • 注文住宅で家の設計をする

    (注文住宅で建てたい家のイメージを具体化する/設計者の選定)

    設計者(設計士さんやメーカーなどの営業さん)に家のイメージや土地・資金の条件を伝え、家のイメージを具体化し、現実のカタチに落とし込んでいきます。

  • 注文住宅に適した施工業者を選ぶ(候補選定~契約)

    設計事務所で設計を行った場合は、施工業者を選定し工事請け負い契約。工務店やハウスメーカーなどで設計した場合は、契約を行います。

  • 注文住宅での地盤調査(地盤改良)着工~竣工

    地盤を調べて、改良が必要な場合は適切に改良してから、工事にかかります。

  • 注文住宅の検査

    設計、施工の各段階で専門家による検査をすれば、より安心な住まいになります。

  • 注文住宅の引き渡し

    建物の保証書や鍵、設備機器などの使用説明書を受け取り、「我が家」に。

「どんな家(イメージ)を、どんな土地に、どうやって(設計・施工)建てるのか」

この3点が、「注文住宅」の核心でしょう。

上記1~4番の部分は、実際は順番どおりではなく、同時に進行することも多いのではないかと思われますが、あえて順番をつけると、この順番で進めるのが最も希望に近い家づくりができるのではないかと考えました。

そう何回もある訳ではない、家づくりの機会。自分らしい家で自分らしい暮らしを楽しむために、家づくりも目一杯楽しみましょー。

↑ページの先頭へ