注文住宅.com > ビルドワークスの注文住宅 > 基礎計算・構造計算

基礎計算・構造計算

ビルド・ワークスの「重量木骨の家」は、在来木造建築では通常行わない、基礎計算を実施します。
また、大規模建築物と同等の構造計算を実施します。
このような基礎計算・構造計算によって、基礎や駆体の強度を科学的に数値化、明示することができます。在来木造で行われてきた「カン」に頼った家づくりではなく、科学的に証明できる家づくりによってお客様に安心をお届けします。

建築基準法では在来木造2階建て以下の住宅には構造計算は義務づけられておらず、壁量規定しかありません。
建築基準法は、1950年に公布されて以来、震災による家屋倒壊のたびに、壁量規定、新耐震基準、補強金物数増加・・・と壁の数(規定等)を増やしていった経緯があります。

このような経緯を見ると、建築基準法の壁量規定を守っていても必ずしも安全な家とはいえないのではないかという疑問は残ります。
そこで、より明確な安全性を確保するために、科学的に強度を証明する事が大切だと考えられるのです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://bwblogadm.take-heart.jp/mt-tb.cgi/111

コメントを投稿

(初めての方は、コメントを表示する前に注文住宅.comの承認が必要になります。承認されるまではコメントは表示されません。しばらくお待ちください。)